【イギリスパートナービザ申請】提出方法・提出書類

イギリスパートナービザ
イギリスパートナービザ

イギリスで、YMSビザからパートナービザに切り替えました。

今日は、イギリスでのパートナービザ(Unmarried Partner Visa)申請の書類準備と提出方法について書きたいと思います。 

提出方法

書類の提出方法は、以下の2種類あります。

A: 自分でサイトにスキャンした書類をアップロード(無料)

B: UKVCASというPrivate companyのスキャンサービスを購入(有料 £50ほど)

私はAの無料で自分でアップロードしました。Bの有料のものを選んでもミスられるパターンがあるそうなので、しんどいですがご自身でされることを強くお勧めします。

オンライン申請書提出後、UKVCASのサイトに誘導されるので、そこでBRPのアポイントの予約と書類のアップロード(Aのみ)をします。

アポイントメントの日までに提出書類を全てアップロードしている必要があります!

スキャン方法

ファイル形式の指定があります。私たちはpdfで保存しました。

スキャン方法は、以下のスマホアプリのCamscannerが無料で利用できるのでオススメです。

扫描全能王CamScanner-文字图片扫描识别_PDF转Word文档格式转换在线编辑器
扫描全能王提供最智能的文档管理方案;手机、平板、电脑变身随身携带的扫描仪,文件库,随时随心编辑文档,文字识别,文档识别,图片扫描,在线PDF转器;pdf转word,word转pdf转,图片转pdf等服务,扫描,编辑,管理,快速同步,时时分享,有效沟通。

最初は家にある家庭用のしょぼしょぼプリンターで、一枚一枚スキャンしてましたが2時間経っても全然終わらず。。。

途中からCamscannerを使用したら、こちらの方が画質も良いし読み込みも早く効率的でした。

スキャン後はパソコンメールにPDFを送って、わかりやすく名前をつけてカテゴリ別に保存しておくとアップロードの際スムーズだと思います。

ちなみに、Camscanner無料版は会社ロゴが表示されますが、私はそのまま提出して問題無しでした。

提出書類のアップロード

スキャンを終えたらカテゴリ毎にアップロードしていきます。

ただ、私たちもよくわからず雰囲気でやりました(笑)

まあでも、それでも大丈夫だったので、恐らく厳重な決まりはなく、審査官が見易い様にカテゴリ別のアップロードを要求しているだけだろうと思います。

提出書類アップロード時のカテゴリ

ご参考までに、後述する私の提出書類とリンクができるように、カテゴリ名称にアルファベットを振っておきます。

以下がアップロードする際に表示される、カテゴリです。

Mandatory

A. Proof of application

B. Proof of identity/Travel

 

Optional

C. Educational

D. Finances

E. Life Events

F. Other

G. Residence in the UK

H. Sponsors/employment

1ファイルにつき容量6MB内に収める必要があります。

パスポート等枚数が多いものに関しては、3回くらいに分けてアップロードが必要です。 

提出書類

以下、提出(スキャン)した書類です。

名称の後のアルファベットはスキャン時に私たちが選択したカテゴリです。

太字:必須提出書類

赤字:必須提出書類+オンライン申請日より28日以内に発行されたもの

ID関連

  • 申請者の現・旧パスポート表紙・空白を含めた全ページ (A)
  • 現BRPカード (B)
  • スポンサーの現パスポート(顔写真ページのみ)(B)

申請者英語力証明

  • IELTS Life Skill A1合格証明書 (C)

IELTS英語テストに関しての記事はこちら↓

日常会話ができ英語力に自信がある場合は、B1レベルのテストを受験されることをおすすめします!

詳細は以下の記事をご覧ください。

財政証明

  • 申請者の直近6ヶ月分の Payslips (D)
  • 申請者の直近6ヶ月分の給料振込みが確認できるBank statement  (D)
  • 申請者雇用主からの雇用証明のレター (H)
  • 申請者の雇用契約書コピー (H)
  • 家主からのアコモデーション滞在許可レター(G)
  • 家主のアコモデーション所有証明(G)
  • 家主のIDコピー (B)
  • スポンサーの直近6ヶ月のPayslips (D)

Monzo Bank statementの取得方法についての記事はこちら↓

【イギリスパートナービザ申請】Monzo Bankで銀行明細原本の取得
イギリスでのパートナービザ(Unmarried Partner Visa)申請には、財政証明として銀行明細原本(Original Bank statement) の提出が必要です。今回は、Monzo Bankの銀行明細原本の発行方...

雇用主からの雇用証明のレターについての記事はこちら↓

直近2年の同居証明

日本
  • 住民票の除票 申請者・スポンサー分各1通 (G)
  • 賃貸更新契約書 (G)
  • ホテル滞在証明 (G)

※スキャン時には日本での居住とわかるようにその旨をファイル名に記載。

イギリス
連名
  • 水道請求書 Sep 2018, Nov 2018, Jan 2019, Jul 2019, Jan 2020 (G)
  • Joint accountのbankstatement Aug 2019-Jan 2020 (G)
  • スポンサー家族の家の滞在証明レター(1週間)(G)
  • 自動車保険motor proposal confirmation (運転者に2人分名前の記載があるのみ) (G)
申請者個人宛(私)
  • 英免許受領時のDLVAレター(日付なし)(G)
  • 昨年度分のP60 (Tax year to 5 April) (G)
  • Department for work and pensions NI number通知書 Oct 2018 (G) 
  • 銀行からのJoint account開設時のネットバンキング案内 Jan 2019 (G)
  • HMRC からの2019年度Tax code通知 Jan 2019 (G)
  • 年金会社からの通知 Feb 2019 (G)
  • NHS GP登録通知 Jun 2019 (G)
  • Local GP 登録通知レター Aug 2019 (G)
  • NHS 子宮頸がん検診通知 Jan 2020 (G)
  • 英運転免許証コピー (G)
 スポンサー個人宛(イギリス人パートナー)
  • 保険会社からのレター Sep 2019, Oct 2019, Nov 2019 (G)
  • Wickesからのレター Oct 2019 (G)
  • 車税金のレター Dec 2019 (G)
  • Council tax通知 Jan 2020 (G)
  • 役所からの居住証明 Jan 2020 (G)
  • 銀行からのDM Oct 2019m Feb 2020 (G)

上記合計20種類提出しました。 

連名でない場合には、個人宛の郵便物を合計12通提出すれば良かったのですが、途中で面倒臭くなりある分全て出しました。笑

月も均等に分けられてないしめちゃくちゃでしたが、結果無事にVisaが下りました!

Visa申請に当たる同意書関係

※オンライン申請終了後に表示される画面にて印刷して、署名

  • Consent for the Home Office 3部 (A)
  • Declaration for spouses, civil partners, proposed civil partners, fiance(e)s, and unmarried partners (A)

補足書類

  • 申請者カバーレター (F)
  • スポンサーカバーレター (F)
  • 2年間の写真 (E)
  • 2年間のLineの会話のスクリーンショット (E)
  • 一緒に旅行した際の搭乗券 (E)

カバーレターについての記事はこちら↓

家族や友人からのサポートレターを書いてもらって申請する方もいましたが、自分たちのカバーレターと写真とLineのスクショだけで十分だと聞いたので、私たちは提出しませんでした。

(正直これだけで手間がかなりかかるのでいっぱいいっぱいでした。。。笑)

まとめ

以上が、イギリスでのパートナービザ(Unmarried Partner Visa)申請の書類準備と提出方法でした。

配偶者ビザの場合も、同居証明以外はほぼ同じ書類が必要になるかと思います。

一人一人の経済状況等により細かい必要書類は異なるかと思いますが、どなたかのご参考になれば幸いです!

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました