【イギリス→日本 一時帰国】ポンド→日本円にお得に両替する方法

一時帰国
一時帰国銀行・送金関係

年末に一時帰国した際に、Wise・Monzo・Starling Bankを使用して日本の口座へ送金・日本円で引き出しを行いました。

今回は、それぞれの両替方法の利用方法・手数料について、紹介したいと思います。

結論:一番ベストな日本円への両替方法

Wise・Monzo・Starling Bankの3種類全て使ってみて、以下が私が思う一番ベストな両替方法(シチュエーション別)です。

  1. Wise: 1日に現金£300超使用する予定がある場合/事前に為替レートが良い時に大金を送金して、日本でストレスなく引き出したい場合
  2. Starling Bank: 1ヶ月に£200超現金を引き出す予定がある場合(1日の引き出し金額が£300以下)
  3. Monzo: Monzoの口座をすでに所持しており、1ヶ月の間に£200超現金を引き出す予定がない場合

大金を使用する場合を除き、基本的にはStarlingが一番オススメです。

なぜなら、上限なく手数料無料で引き出しできるからです!

カード払いが一番シンプル

Monzo・Starlingは、カード払いの場合は上限なく手数料が無料なので、一時帰国中は基本的にこれらのデビットカードを使って、どうしても現金を使わなければならないシーンだけ現金で対応というのがベストかと思います。

しかし、久々に帰国してみて、イギリスと比較するとやっぱり日本は現金社会だなと強く感じました。

買い物する時には、デビットカード含めカードがほとんど使えるので問題ありませんが、スイカへのチャージ・友達との割り勘・たまにカードが使えない店があることがあったりで、私もどうしても現金が必要でした。

世代や個々の環境によって変わるかもしれませんが、日本に帰った時には、やっぱり現金が手元にあると安心かと思います。

私の実際の送金・引き出し金額

会社金額(円)金額(ポンド)手数料実際のレート
(請求額)
Google/Master Card
レート
Wise224,6251500£7.72150.525円150.48円
Monzo4,00025.65無料£0.0064125£0.00637105/£0.0063998
Starling4,00025.65無料£0.0064125£0.00637105/£0.0063998
※Google/Master Cardレートは、それぞれ私が送金・現金引き出しした当日のレートを参照して記載しています。

Wiseは、送金手数料として£7.72かかりましたが、レートはGoogleで確認した送金日当日よりも良いものが適用されていました。

Monzo・Starlingは、Googleで確認したレート・Master Cardのレート・実際のレート(引き出し時に使用されたレート)全てに差がありました。

※Monzo・Starling bankは、外国通貨引き出し・デビットカード利用時には共にMaster Cardのレートが適用されます。

Master Cardのレートを参考にすると、本来4,000円の引き出しには£25.60かかるところが、£25.65分引き落とされています。

Monzo・Starling引き出し通知(私のスマホ画面)

上記以外にも、両社のカードで何回か引き出しを行いましたが、いずれも引き出し時に実際に使用されたレートは、Master Cardレートに記載のレートと若干差があり、少しだけ少ないレートが適用されていました。

とは言っても数ペンス〜1ポンドくらいの差なので、マックス数百円レベルです。

別の日にStarlingで45,000円引き出した際には、£297.63引き落とし(使用されたレート: 1円=£151.1944)がありました。

しかし、Master Card記載のレートでは同日に同額引き出した場合には、£296.71(1円=£151.166324)引き落としとの案内があります。(差額は92ペンス)

そこまで大きい差はないですが、Master Cardレートは、目安として参考にするのがベストかと思います。

Wise

送金に手数料がかかってしまうのが難点ですが、事前に金額を送金できて、 引き出し時に為替レートを心配する手間がないので、日本滞在中も為替レートを気にせずに落ち着いて過ごすことができます。笑

Starlingでは、一日の引き出し上限額£300があり、同日に£300超引き出すことができません。

また、Monzoも、£200超引き出す場合には、3%の手数料が取られます。

なので、同日に現金で£300を超えて利用する予定がある場合には、Wiseでの事前送金がお勧めです。

こちらの紹介リンクからWiseにご登録いただくと、初回£500まで送金手数料が無料で送金できます!ご自由にお使いください。

関連記事↓Wiseでイギリスの口座から日本の口座に送金してみた【送金方法・レビュー】

Monzo

日本でのデビットカードの利用・引き出し(£200まで/30日)は、手数料がかかりません。

どちらも、Master Cardのレートが適用されます。

全国のセブン銀行で引き出しが可能です。

他にも対応可能なところはありますが、一度ファミマのATMで引き出しをしようとしたら、その店舗は海外カードが取り扱い対象外とのことで、引き出せませんでした。

なので、どこにでもあるセブン銀行(セブンイレブン)での引き出しがお勧めです。

Monzo使用時の注意点

Monzoでの現金引き出しの場合は、一点注意が必要で、30日以内に£200超引き出す場合には3%の手数料がかかります!(無料口座の場合)

Outside the EEA, you can withdraw £200 every 30 days. Or £400 if you have Monzo Plus, and £600 if you have Monzo Premium. After that, we charge a 3% fee.

Monzo

実際、昔モロッコに行った際に、現金社会だったのでお金を結構引き出していましたが、結果手数料だけで合計1,000円くらい取られてしまいました。

ということで、一時帰国中に£200を超えて現金を使用する場合には、MonzoではなくStarlingをおすすめします!

とは言っても、MonzoはMonzoで私も使い慣れていて便利なので手放せません。笑

デビットカード利用の場合は、上限がないので手数料はかからないし、銀行口座はバックアップ用含めて2~3個あるとやっぱり便利かなと思います。

こちらの紹介リンクからMonzoに新規登録されると、£5ゲットできます!ご自由にお使いください。

Starling

日本でATMでの引き出し・デビットカードの利用には、手数料がかかりません。

どちらも、Master Cardのレートが適用されます。

Monzoと同様、全国のセブン銀行で引き出しが可能です。

Starling使用時の注意点

Monzoのように引き出し時に手数料は取られませんが、1日の引き出し金額に上限があり、£300/日まで引き出しが可能です。

£300を超えて引き出したい場合は、翌日まで待つ必要があります。

1日に£300を超えて引き出したい場合には、Wiseがお勧めです。

関連記事↓お勧めのイギリスの銀行・オンラインバンク【Starling Bank】

まとめ

以上が、私がお勧めする、日本一時帰国時の日本円へのお得な両替方法についてでした。

参考になれば幸いです^^

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました