Wiseでイギリスの口座から日本の口座に送金してみた【送金方法・レビュー】

銀行・送金関係
銀行・送金関係

最近Wise(旧:Transfer Wise)を使ってイギリスの銀行口座から日本の銀行口座に送金をしてみました!

結果めちゃくちゃ簡単でレートもよかったので、もっと早くやればよかったなと後悔。笑

ということで、送金方法を紹介したいと思います!

Wiseとは?

Transferwiseのしくみ

Wiseとは、国際送金サービスを提供している会社で、Wiseで海外送金すると通常の銀行送金よりも安く送金することができます。

送金はワイズの各国にある銀行口座から直接行われ、通常の海外送金のように各銀行間で行われる複雑なステップがないとのこと。

例えば、以下がポンド→円への送金の際に行われる処理です。

①利用者口座(ポンド)→ワイズの口座(ポンド)

②ワイズの口座(円)→受取人口座(円)

という形で実際には国を跨いでの送金作業が行われず、ワイズの現地通貨の口座より受取人口座へ支払い処理が行われます。

だから手数料を安く送金サービスを提供できるんだそうです。納得。

詳細は、上に貼ってある動画をご覧ください。

私の送金内容・理由

  • イギリスの自分の口座(Monzo)から日本の自分の口座(ソニー銀行)へ送金
  • 送金金額:1回目:£50 (Fast and easy)/ 2回目: £500 (Low cost transfer)
  • 送金理由:日本の家族・友人へのプレゼント・祝い金、自分の買い物(switchであつ森購入etc)に日本のクレカを使用していた所、日本円残高が少なくなってしまった為。

手数料・受け取り金額一覧

目安として、Wiseを使ってイギリスポンド口座から日本円口座に送金した場合の手数料と受取額の一覧を以下にまとめます。

為替レート: 153.652(2021/11/16日12時Wiseサイトで確認時)

送金金額(£)送金方法・手数料
Fast and easy (上)
Low cost transfer (下)
手数料%受け取り金額(円)計算式
(送金金額-手数料)*為替レート
£200£3.08
£2.48
0.0154%
0.0124%
30,257円
30,349円
(£200-£3.08)*153.652
(£200-£2.48)*153.652
£500£5.26
£3.76
0.01052%
0.00752%
76,018円
76,248円
(£500-£5.26)*153.652
(£500-£3.76)*153.652
£1000£8.88
£5.90
0.00888%
0.0059%
152,288円
152,745円
(£1000-£8.88)*153.652
(£1000-£5.90)*153.652
£2000£16.14
£10.19
0.00807%
0.005095%
304,824円
305,738円
(£2000-£16.14)*153.652
(£2000-£10.19)*153.652
£5000£37.93
£23.03
0.007586%
0.004606%
762,432円
764,721円
(£5000-£37.93)*153.652
(£5000-£23.03)*153.652

上記の”手数料%”列から分かるように、送金金額が高いほど手数料は割安になります。

なのである程度の金額の送金予定がある場合には、まとめての送金がお勧めです。

私はFast and easyとLow cost transferの両方の送金方法を使ったことがありますが、安いし送金速度も速いのでLow cost transferがお勧めです!

Low cost transferは自分でWise指定の振込先に振り込みしなければならないので、Fast and easyより多少手間がかかりますが、操作自体はシンプルで難しくありません。

Fast and easyより受け取れるまでの日数も速いので、私は断然Low cost transferをお勧めです。

送金方法等詳細は以下のLow cost transferをご覧ください。

こちらのリンクからご登録いただくと、初回£500まで送金手数料が無料で送金できます!ご自由にお使いください。

登録方法

Wise: Online Money Transfers | International Banking Features
Banks charge a lot for overseas transfers. We don't. Transfer money abroad easily and quickly with our low cost money transfers.

上記リンクからWise公式サイトを開き、右上の”Register”より登録できます。

上記リンクは友達紹介リンクが適用されており、こちらから登録されると£500まで送金手数料が無料で送金できます!コメント等も不要ですので、ご自由にお使いください。

登録自体は無料ですが、送金時には基本手数料がかかります。(※友達紹介等利用すれば送金手数料も無料になることがあります。)

送金方法

ログイン

まずは、アカウントにログインします。

Wise: Online Money Transfers | International Banking Features
Banks charge a lot for overseas transfers. We don't. Transfer money abroad easily and quickly with our low cost money transfers.

上記リンクより、アカウントにログインが可能です。

“Send money”をクリック

送金金額・方法指定

金額入力欄が表示されるので、送金したい金額を入力します。

私の上の例では£50送金したかったので、上の”You send”の欄に50と入力しています。

画面下部の”Recipient gets”で、受取通貨である”JPY”を選択します。日本円で受取金額を指定したい場合は、こちらで金額を入力して送金金額を指定することも可能です。

“Transer types”には”Fast and easy transfer”がデフォルトで設定されていますが、下矢印をクリックすると他の方法に変更することができます。

  • Fast and easy transfer: デビットカードかクレジットカードから送金
  • Low cost transfer: 銀行口座から送金

私は知り合いの紹介リンクを使用したので、上記スクリーンショットの1回目の送金は送金手数料が無料でした。

こちらのリンクからご登録いただくと、初回£500まで送金手数料が無料で送金できます!コメント等も不要ですので、ご自由にお使いください。

上記初回の送金手数料が無料な場合を除き、Low cost transfer“での送金を断然お勧めします。

私は今回は送金手数料が無料だったので、一番速い”Fast and easy transfer”を選択しました。

為替レート

他の銀行の送金では、手数料が無料だったり安くても、その分為替レートが低いことが多いようです。

実際、数年前に私のパートナーが日本の口座からイギリスの口座にお金を大手銀行で送金した際には、レートも悪いしプラスで手数料が数千円ほど取られていました。

Wiseでは”No hidden cost”、いわゆる隠れコストが一切無いことを主張していますが、半信半疑だったので(笑)念のため自分でも当日の為替レートを確認してみました。

上記がググって出てきた5/5 9:14の段階の為替レートで、£1=151.79円

Wiseで送金作業をしていたのが同日10:30くらいだったと思いますが、こちらの画像を見ていただいてもわかる通り、為替レートは151.799で同じ!

端数は流石に切り捨てしたり、多少の誤差はあるかと思っていたのでいい意味でびっくり!

上の画像でも確認いただける通り、£500送金時のシミュレーションもしてみましたが、友達紹介リンクを使用すると、£500までは手数料無料で送金できます!(初回のみ)素晴らしい。笑

送金先の指定

今回私は自分の日本の銀行口座に送金したかったので、”Myself”を選択しました。

自分以外の誰かにプライベートで送金する場合は、”Someone else”を選択すればOKです。

送金先の口座情報を入力します。

  • Full name of the account holder: 受取人名を姓名の順でカタカナで入力
  • Bank: ドロップダウンリストより銀行名を選択
  • Branch: ドロップダウンリストより支店名を選択
  • Account type: 該当の口座の種類を選択
  • Account number: 口座番号を入力

ソニー銀行の場合ですが、ネットバンキングにログインすると口座名義人は漢字で表示されており、カタカナ表記は確認できませんでした。結果、私はカタカナで入力して無事送金できています。ソニー銀行の方は、参考にしてみてください。

上記入力後は”Confirm”をクリックして次に進みます。

送金内容確認

送金内容確認画面が表示されるので、内容を確認をします。

“Reference”には、何かメモで記録したいことがあれば、任意で入力できます。

誤りがある場合には、”Transfer details”は”Edit”、”Recipient details”は”Change”を選択して修正することが可能です。

問題なければ”Confirm and continue”をクリックして次に進みます。

送金方法の選択

送金方法には以下の二種類あります。手数料も安いし送金速度も速いので、Low cost transferがお勧めです。

  • Fast and easy transfer: デビットカードかクレジットカードから送金
  • Low cost transfer: 銀行口座から送金
  • Fast and easy transfer: デビットカードかクレジットカードから送金

    送金方法の指定で選択した方法にデフォルトでチェックが入ってます。こちらで送金方法の変更も可能です。

    今回、手数料も無料(友達紹介リンクを使用し、初回送金のため)なので”Debit card”を選択しました。

    クレジットカードから送金の場合は、”Credit card”を選択してください。

    送金方法を選択後、”Continue to payment”をクリックします。

    Monzoユーザーの場合、Wiseのサイトを使用しなくても、MonzoアプリでWiseのアカウントと紐付けるとアプリから外国にも送金ができるようです。私は深読みして、アカウントをリンクして情報抜かれても嫌だなと思ったので(笑)、今回はブラウザから行いました。頻繁に利用しない限りは、ブラウザからの利用で良いと思います。

    デビットカードの詳細を入力します。入力後”Pay 50 GBP”をクリック。

    確認画面

    上記の画面のように、送金手続き受付の画面が表示されたら完了です!

    あとは入金されるまで待機です。

    “Track your transfer”をクリックすると以下の画面が表示されます。

    こちらより、送金の進捗具合が確認できます。

    以上で送金作業は終了です。

    次のステップ:入金(Fast and easy transfer)へジャンプ。

    Low cost transfer: 銀行口座から送金

    送金方法の指定で選択した方法にデフォルトでチェックが入ってます。こちらで送金方法の変更も可能です。

    “Manually transfer the money from your bank”を選択します。

    この方法は、まず自分がWise指定の口座(最終画面に表示される)に振り込みし、その後Wiseが自分の口座に送金してくれる形です。

    2番目”Authorise the payment 〜”の選択肢でもいいですが、銀行によって対応していないところもあるそうなので、1番の選択肢がベターかと思います。

    自分の口座からの送金の場合には、”Yes, I’m the account holder”、共同口座から送金の場合には”Yes, but it’s a joint account”を選択します。

    “Continue”を選択します。

    Wise指定口座への送金方法を選択します。

    • Online banking: インターネットバンキング
    • Telephone banking: テレフォンバンキング
    • Bank branch: 銀行支店での振り込み

    私はネット(アプリ)から振り込むので、”Online banking”を選択しました。

    “Continue to our bank details”を選択します。

    自分の銀行を選択します。表示されていない場合は”All other banks”を選択します。

    私はMonzo銀行から送金するため、“All other banks”を選択しました。

    すると、上記の画面が表示されるので、画面黄色枠内にある口座に自分の銀行から振り込み作業を行います。

    振り込み

    Monzoからの振り込み作業を参考までに以下に記載しておきます。

    Monzoアプリを開き、画面下”Payments”から”Pay someone”を選択。

    “Make a bank transfer”を選択します。

    画面左がMonzoアプリ上での画面、右がWiseの振込先情報です。

    Wiseの振込先情報をもとにMonzoに入力していきます。

    • a) Recipient name: Payee name
    • b) Sort code: UK Sort code
    • c) Account number: Account number
    • Account type: Personal account

    “Next”を選択し、次のページ(スクリーンショット真ん中)に移動します。

    • d) 金額入力欄: Amount to send
    • e) Reference: Use this reference

    “Confirm payment”を押して、振り込みを完了させます。

    MonzoにあるAccount TypeはWiseには情報が記載されていません。”Personal account”と”Business account”の選択候補が表示されるので、“Personal account”を選択すればOKです。(私はPersonal accountを選択し、無事に振り込みできています。)

    以上で送金作業は完了です。

    次のステップ:入金(Low cost transfer)へジャンプ

    入金

    Fast and easy transfer

    入金予定日の5月6日午前1:00くらいにWiseからは送金完了のお知らせ、ソニー銀行からは振り込みのお知らせメールがありました。

    ということで、早速ソニー銀行にログインして確認。

    私のソニー銀行口座の電子通帳

    しっかり、7,590円入金がありました!!

    ※摘要欄には振り込み人である私の名前がローマ字で記載がありました。

    Low cost transfer

    10月27日(水)22時55分にWise指定口座へ振り込みを完了し、同時刻にWiseより振り込み受付・ソニーへの送金完了メールが届きました。

    4分後の10月27日(水)22時59分にソニー銀行から入金のお知らせメールがありました。

    Wiseの送金画面
    私のソニー銀行の通帳

    ログインをしたらちゃんとしっかり77,611円入金がありました!(時差の関係でソニー銀行では日本時間の10月28日と記載があります)

    こんなに速く送金されると思わなかったのでびっくり。

    Fast and easy transferよりもスムーズでした。

    感想

    Fast and easy transferは、5月5日(水)10時半頃に送金依頼をして、5月6日(木)午前1時に入金。半日強で全て終了しました。

    Low cost transferは10月27日(水)22時55分に振り込み依頼をし、4分後の22時59分に入金がありました。振り込みから現金受け取りまで4分。超高速送金!

    スムーズすぎて逆にびっくりしましたが、めちゃくちゃいいサービスだと思います。

    外貨両替・日本のクレカ・ソニー銀行のデビットカード等イギリスや他の国でもたくさん利用したことがありますが、為替レートはグーグルで見たものよりもいつも低いし、現金引き出し時にはプラスで手数料を取られていました。

    もうそれが普通だし仕方ないとずっと思っていたのですが、こんなに良いレートで送金できるならもっと早くやっておけば良かったなって本当後悔しました。笑

    為替レートは文句無しだし、送金手数料もリーズナブルだし、送金までの日数というか時間もスーパー速いし非の打ち所がないと思います。

    まとめ

    以上がWiseでイギリスの銀行口座から日本の銀行口座に実際に送金をしてみた感想でした!

    とっても便利でお得なので、Wiseの利用を検討されている方は是非参考にしてみてください^^

    ランキング参加中。
    記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

    にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
    スポンサーリンク
    Lazybones in the UK

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました