【イギリス版MNP】電話番号そのまま 他社SIMへの乗り換え方法

手続き関係
手続き関係

先日VodafoneからgiffgaffにSIMカードを切り替えました。

電話番号そのままで他社回線に乗り換える、日本で言うMNP(Switching mobile networks)を利用しました。

店頭に行かずにネットで全て完結してとっても簡単だったので、その流れをレポートしたいと思います。

新規でgiffgaffの契約をされたい方も、こちらの手順に沿っていただくと申し込めるのでよろしければご参考にしてください!

他社回線乗り換え(MNP)の手数料は?

無料です!

日本だと2,000円くらいした気がするので嬉しい。

解約料さえ無料ならば、気軽に何回でも安いSIMカードへ切り替えができちゃいます^^

流れ

  1. 転出先(私の例: giffgaff)のキャリアの決定
  2. 転出元(私の例: Vodafone)の解約料の確認&PACコードの入手
  3. 転出先(私の例: giffgaff)のSIMをオーダー
  4. 転出先(私の例: giffgaff)でアクティベート作業
  5. 翌日開通

ざっくりこんな感じです。

こちらのgiffgaffのページでも、乗り換え手順が確認できます。

ちなみに、私のSIMはVodafoneはパートナーの名前で契約しており、giffgaffでは自分の名前で申込を行いましたが、問題なく電話番号そのままでgiffgaffで契約できました!

契約者名不一致ではじかれるかと不安でしたが、全くの心配無用でした。笑

稀なケースかと思いますが、契約者名が変わる場合でもPACコードさえあれば問題なく手続きできるのでご安心ください^^

転出先(私の例: giffgaff)のキャリアの決定

Vodafoneも安かったし電波が良くて文句はなかったのですが、今回は契約期間の縛りがなくて料金も少し安いgiffgaffに移行することを決めました。

キャリア変更で電話料金が安くなっても、電波が悪いとストレスなので、契約前に各社の電波状況を確認されることをおすすめします!

“キャリア名”+”coverage”(例: giffgaff coverage)でネットで検索すると、自分のエリアの電波状況が確認できます。

参考までに、以下にgiffgaffの電波確認ページを貼っておきます。

https://www.giffgaff.com/coverage-and-service

どこのキャリアも、大体郵便番号・町名を入れて確認できる流れです。

giffgaffの契約を希望されている場合は、こちらの友達紹介から申込されると£5のクレジット(使用料金に利用できるポイントのようなもの)がゲットできるのでご自由にお使いください^^

転出元(私の例: Vodafone)の解約料の確認&PACコードの入手

65075宛に”PAC”とテキスト(SMS)を送信すると解約料の確認&PACコード(後に行う電話番号引き継ぎの手続きの際に必要)がゲットできます。

こんな感じで送ります。

上記の返信では、PACコードが欲しい場合には、”PAC”+自分で設定したvodafoneのPINナンバーを送るよう案内があったので、PAC ****でと同じ宛先に返信しました。

すると上記ような返信が届き、PACコード(赤ハイライト黒塗り部分)が発行されます。

黄色ハイライトの”Your termination fee~”が、今日PACコードを使用し転出した場合の解約料です。画像の例だと79ペンス解約料が発生します。

このPACコードは1ヶ月間有効で、”valid until”が有効期限日です。画像の例だと5月15日までに手続きを行う必要があります。

私がPACコードを依頼した際には、”As there is more than one number or device on this account, the registered owner will need to call us on 191 free from a Vodafone mobile……. . Alternatively, this can be done online by visiting…….”との内容の返信が届き、契約者がカスタマーサービスに直接連絡しPACコードを入手しなければなりませんでした。

担当者と話すまで少し待たされたので、上の手順と比較してちょっと面倒でしたが、SMS同様にオンラインのチャットで担当者から解約料の案内とPACコードを発行してもらえます。

転出のタイミング

現在の契約状況に縛りがあるときには、契約期間中に解約すると違約金が取られます。

解約料は、上記のPACのSMSを送るorカスタマーサービスに問い合わせると確認できます。

私もVodafoneで月額料金を安くするために2年契約でずっと縛られており、やっと3月で契約が満了したので、そのタイミングでgiffgaffに乗り換えた形です。

私の場合: 月額料金: 約£10(Vodafone)

1月に解約した場合に解約料がいくらになるのか問い合わせた際には、約£30(£10×3ヶ月 ※3月に2年縛りが終わるため)かかるとの回答でした。

日本のように解約違約金として一律◯◯円という形ではなく、単純に(月額利用料金×契約満了日までの残りの月数)という形で請求されます。

ですので、契約に縛りのある方は、私同様に縛り期間終了まで待った後に解約された方が良いかと思います。

端末代金を分割で払っている場合にも、残金を解約と同時に支払わなければならないので注意が必要です。

転出先(私の例: giffgaff)のSIMをオーダー

転出先のSIMをゲットします。

名前・住所・メールアドレスの入力だけでゲットできます。身分証は不要です。(※giffgaffの場合)

giffgaffの契約を希望されている場合は、こちらの友達紹介から申込されると£5のクレジット(使用料金に利用できるポイントのようなもの)がゲットできるのでご自由にお使いください^^

日本宛にも無料でSIMの送付ができるので、渡英準備を進めている方にもおすすめです。

新規契約の場合にも、上記と同様の手順でSIMカード入手後、以下のアクティベート作業1-7を行なっていただくと同様に利用できます!7が終了次第即利用できます!

転出先(私の例: giffgaff)でアクティベート作業

SIMカードが届いたら、アクティベート作業を行います。

アクティベートの翌日が電話番号移行日になり、移行日当日は最長夜まで、移行したい電話番号の使用ができません。

ただ、私のケースでは12時頃には使用でき、後々同じく移行したパートナーは10時には移行作業が完了していました。

なので、余裕を持ってアクティベート以降〜翌日お昼くらいまで電話の発着信を予定していない時に手続きするのがベターかと思います。

土日を挟むと移行日は翌週になってしまうので注意が必要です。

アクティベートのやり方(giffgaff)

https://www.giffgaff.com/mobile-app

毎月の使用データの確認が楽にできるので、アプリをダウンロードしておくとスムーズです。

  1. スマホの電源を落とし、新しいSIMカード(giffgaff)に入れ替え、電源を入れます。
  2. giffgaffのアプリを開き、”Create a new account”を押し、ご自身のメールアドレスを入力後、登録したいパスワードを入力して、”Register”を押します。
  3. “Activate your SIM”を選択。
  4. “Enter your activation code”にSIMカードに記載されたコードを入力し、”Continue”を選択。
  5. プラン選択の画面が表示されるので、好きなプランを選択し、”Continue”を選択。
  6. “Save your payment details”とYour billing address”が表示されるので、カード情報と請求先を入力します。
  7. “Success SIM activated. Welcome to giffgaff”が表示されたらアクティベート完了です。
  8. “Explore dashboard”に行くと、”Keep your old number”が表示されるのでそれを選択します。
  9. Bring a number to giffgaff: “The number you’d like to transfer”に引き継ぎたい電話番号の入力、”Your PAC”に取得したPACコードを入力します。Transfer dateが表示されるので、確認して”Transfer number”を選択します。
  10. “Your number’s on the way”が表示されたら、手続き完了です。移行完了までは、giffgaffのSIMで表示されている仮の電話番号(Your temporary number)を使用できます。
  11. Transfer date当日は、何度かスマホを再起動されることをお勧めします。移行までに最長21:00まで時間がかかることがあるそうですが、私とパートナーのケースだとどちらも12:00前までには移行が完了していました。(切り替え完了までは”No service”の表示で、電話番号移行が完了すると”giffgaff”になります。)

転出元(私の例: Vodafone)の解約の手続きは不要

転出先でPACコードを入力し、アクティベートの手続きにより自動で解約となるため、別に解約の手続きの必要はありません。

まとめ

以上が、イギリスでのMNP(電話番号そのままで他社回線へ乗り換え)の方法でした。

キャリア変更検討中の方のご参考になれば幸いです^^

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました