【イギリスワーホリ】日本から持ってきて良かったもの&いらなかったものリスト

YMS
YMS

便利な世の中なもので、イギリスでほとんどのものが調達できますが、今回は私がYMSで渡英した際に日本から持ってきてよかったもの・逆にいらなかったものの一覧を紹介させていただきたいと思います^^

スポンサーリンク

イギリスへ絶対に持ってきたいもの

日本製のヘアドライヤー

イギリス製はものによりますが、風が弱くて乾くのに時間がかかったり、機能性は圧倒的に日本製が抜群だと思います。

私は上記のパナソニックヘアドライヤーナノケアの海外対応のものを購入し持ってきました。

イギリスだと水のせいかものすごく髪が傷むのですが、こちらで綺麗に乾かした後はつるつるになります。

渡英して4年以上経ちますが、壊れることなく現在進行形で今も使っています。

日本でも使うことができるので、帰国してからも使えます。

値段重視の場合は上記の海外対応ドライヤーは3,000円以内で購入できるのでおすすめです。

こちらはYMSより前に1年イギリスに滞在してた際に使用していたことがありますが、不具合・壊れることなく使えていました。

自分のミスで日本帰国の際にボルトのつまみを変更するのを忘れて使用し壊してしまいましたが、それさえなければもう数年問題なく使えていたかと思います。

ハピタス キャリーオンバッグ

スーツケースのハンドルに嵌め込んで運ぶことができるキャリーオンバッグです。

7年前くらいに買ったかと思うのですが、壊れることなく今でも現役でたくさん使っています^^

スーツケース2つ+このボストンバッグ(M)で渡英しましたが、ストレスなく持ち運びできて快適でした。

今住んでいる町にロンドンから電車で引っ越す際にも、スーツケースを2個引くだけで済むので楽ちんでした。

Tam
Tam

一緒に渡英したパートナーは、キャリーオンできないバッグだったため、移動時にスーツケースからボストンバッグが落ちまくってめちゃくちゃストレスを感じていました。笑

また、使わないときは折り畳んで収納できるのでスペースもとりません。

ちなみに、Mサイズはイギリスからヨーロッパへ国外旅行でLCC(Ryanair等)に乗る時の機内持ち込み用のバッグとしても使用できるのでお勧めです!

Tam
Tam

Mサイズの寸法自体は、若干航空会社指定の機内持ち込みサイズよりオーバーしていますが、荷物をぱんぱんに入れない限り機内持ち込み用として使用できます!

実際私は、このMサイズのバッグを機内持ち込み用として、RyanairやWizzairで問題なくヨーロッパ旅行できています^^

セキュリティー対策で、私は一応南京錠もつけています。ホテルに荷物を置いてくときなんかは、南京錠があるだけでちょっと安心します。笑

デジカメ

スマホでも十分画質は綺麗ですが、パソコンに読み込んだり印刷すると、やっぱり画質の違いは歴然です。

日本製が主流なので、日本でデジカメを購入した方が安くていいものが買えます。

私はCanonのPowerShot SXシリーズを愛用しています。

電子レンジ専用炊飯器(ちびくろちゃん)

海外に住んでいても、定期的にやっぱりお米が食べたくなります。

ということで、私はちびくろちゃんを購入して持ってきました。2合分電子レンジで簡単に炊けます。

購入当時は1,000円ちょいした記憶がありますが、現在は1,000円以内で購入できるようです。

安いけど侮れません。渡英してから4年以上最低週2回は使用していますが、壊れることなく現在も現役です^^

お米はアジア系スーパーやSainsbury’s等のイギリス系スーパー(Sushi rice)で購入できます!Sushi riceは£2くらい(500g)で購入できます。

私にとっては炊飯器で炊いたお米との違いはなく味も普通に美味しいと思います。笑 よっぽど何かこだわりがない限り、安いし美味しいと思います。

2合分炊いて、食べれない分はいつもタッパーに入れて冷凍庫に保存しています。

Tam
Tam

鍋でもお米は炊けますが、私のやり方が悪いのか米が引っ付きまくって洗い物が相当のストレスだったので、ちびくろちゃんを使ってからはストレスフリーです。

ちなみに、以前ロンドンのジャパンセンターで販売しているのを見かけましたが、£20くらいで売ってました(°_°)

スーツケースに入れて持ってくる際は、中の空洞がもったいないので、衣類(靴下やヒートテック)を詰めて来られるとスペースを有効活用できるかと思います^^

ちびくろちゃんでの2合の炊き方

参考までに我が家での使い方を以下に記載しておきます。※パッケージに炊き方の説明は記載があります。

米を洗い、合数にあった分の水をはって、15-30分放置。

いつも時間があれば30分浸してますが、先日空腹で我慢できず15分で②に進みました。あんまり違いがわからなかったので、15分でも十分かと思います。笑

2合分の米には420ccの水を入れますが、付属の計量カップには25cc単位でしか印がついてません。目分量で420ccを以前測って炊いた際はお米がパサパサで美味しくなかったです。好みによるかもですが、425ccで作っていつも丁度いい感じです。

500w電子レンジで13分程加熱する。

我が家のレンジは750w(W数の変更ができないモデル)ですが、無視して同じく13分で加熱してますが問題なしです。

10分ほど蓋をしたまま蒸らして放置し、できあがり。

空腹が我慢できず、チン出来次第食べたことがなん度もありますが普通に美味しかったです。笑

すぐに食べたい時は、①で15分浸して、②で13分加熱して、作り始めてから30分以内に食べることができます^^

日本食

ロンドンにあるJapan centreや中華系のスーパーで、ほとんどの日本食を手に入れることができます。

私が住んでいるバーミンガム近郊には日系スーパーはありませんが、中華街や韓国系スーパーがあるので、そちらでも日本食が手軽に手に入ります。

ただやっぱり金額が2-3倍するので、軽くて日持ちするものをたくさん持ってくるといいと思います。

個人的に絶対買ってきたいものは、だし、鶏がらスープです。

日本食が食べたくなった際には、この2つがあればどうにかなっています。笑

余裕があればもっとたくさん持ってきてもいいと思いますが、後日、日本にいる家族・友達にお願いして送ってもらってもいいと思います。

醤油や液体系も欲しいですが、重いので私はこちらで購入しています。

Tam
Tam

最近は、Sainsbury’s等のイギリス系スーパーでも(ちょっと高いですが)日本の食品・調味料(醤油・ポン酢・蕎麦・うどん・パン粉・味噌等)を購入できるので、よっぽど何かこだわりがない限りは心配しなくて大丈夫かと思います。

ノートパソコン・スマホ

私はMac bookとiPhoneを愛用していますが、イギリスではApple製品は日本より高いです。

スマホは、イギリスのSIMを使用できるようにSIMフリーが便利です。SIMは日本からも購入できるgiffgaffがお勧めです。

パソコンは職探し、CV作成、旅行の計画や何かと検索時に必需品です。

映画なんか見る時にも便利です。

ヒートテック

若い頃からずっと着ているので個人的に必須です。笑 薄くてそんなに嵩張らないので大量にもってきました。

夏でも寒かったり、イギリスは寒い時期が長いので、あったら便利です。

イギリスにもユニクロがあるのでこちらでも購入可能です。(ただ日本で買うより高いです!)

ちなみにプライマーク(イギリスのファストファッションブランド)とかでもヒートテックの代用品のthermal商品が安価で売っています。

全世界対応の変換プラグ・たこ足配線

変換プラグは、イギリス国外へ旅行した際にも使用できるように、全世界対応のプラグを持参されると便利です。

タコ足配線はまとめて同時に日本の電化製品を充電したい時にめちゃくちゃ便利です。

スイッチ・パソコン・スマホの充電を同時にしたい時なんかに重宝しています。

使い慣れてる基礎化粧品・化粧品

これは人によると思いますが、私は基礎化粧品とファンデーションは日本の決まったブランドを使用しているのでこれは絶対に必須です。

海外ブランドを使用している方は逆に現地調達の方が安いだろうし、最低限の持参でいいかと思います。

Nintendo Switch

完全に私の嗜好ですが(笑)、持ってきてよかったものの一つです。笑 

割と最近購入して、実家に置いてくるのが勿体なかったので結局持ってきました。笑 

リージョンが違うので使用できるか心配していましたが、イギリスでも問題なく使用できています。

充電はたこ足配線でしていますが、こちらも問題なしです。日本・イギリス含め友達とマリオカートの通信をしたり楽しめています。

イギリスで買うと日本よりも高くて、日本では30,000円くらいで購入しましたが、こちらでは£280します。

スポンサーリンク

スーツケースに余裕があったら持ってきたいもの

めぐりズムのアイマスク

結構高いんですが、日本にいる時から大好きな商品で、目の疲れがしんどい時に使ってます。

旅行客にも人気商品みたいで、イギリス人の友達にあげたら喜ばれたので、ホームステイ先や友達へのお土産としてもいいんじゃないかなと思います。

イギリスのアマゾンでも売ってますが、高いです。

ホッカイロ

生理や極寒の時に重宝しています。お腹痛い時は最強です。

スポンサーリンク

逆に持ってこなくてよかったもの

洋服・靴

本当に数枚と1 足持ってくるだけで十分です。日本の可愛い服が着たくて持ってきましたが、ほとんど着ていません。笑

こちらの人は日本人ほどあまり外見を気にしていなく、おしゃれな人も少ない+日本の流行とこちらの好みが若干違うので、着てたら浮くこともしばしば。(私がイギリスの田舎に住んでいるせいもあるかもしれません。笑)

セーターなんてめっちゃ嵩張ってスペースとって勿体ないので、こちらで安いものを買った方が無難だと思います。

モバイルバッテリー

そこまでスペースを取らないので持ってきていいかとも思いますが、日本と同じくらいの値段でイギリスでも購入できます。

私はイギリスのアマゾンで上記のモバイルバッテリーの古いバージョンを£14程で購入して使っていますが、数年間問題なく使用できています。

スーツ

就活で必要かと悩みに悩み、結局持ってこなかったのですが、結果必要ありませんでした。

スマートカジュアルで面接に行きましたが、全然問題なしでした。

面接時の服装については以下の記事に詳細を記載しています。

国際免許証

取得して持ってきましたが、一度も使用しませんでした。お金の無駄でした。笑

身分証代わりにもなるので、運転免許を持っている方はこちらでイギリスの免許証に切り替えをすることを強くお勧めします!

Tam
Tam

国際免許は1年有効ですが、こちらの免許証は10年有効です!

携帯ウォシュレット

私はウォシュレット大好きで(笑)、日本では必需品でした。

上記のTOTOものをアマゾンで購入して持ってきたのですが、一度も使っていません。笑 人間どんな環境にも順応できるんだなと実感しました。笑

すごくお尻が敏感だと言う以外には不要かなと思います。

生理用品

よっぽどこだわりがない・敏感でない限りは必要ないです。

私も大量に持ってきましたが、消耗品だし嵩張るしスペースが勿体なくて後悔しました。

代わりにもっと食料品を持ってくればよかったなって思ってます。笑

イギリスの生理用品を使用していますが、全く問題ないです。肌もそこまで強い方ではないですが、一切問題ありません。

スポンサーリンク

まとめ

以上が日本から持ってきてよかったもの・いらなかったもののリストでした。

ご質問等あればお答えしますので、お気軽にコメントしてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました