イギリスで子宮頸がん検診(Cervical screening)に行ってきました

病院・歯医者関係
病院・歯医者関係

先日遂に子宮頸がん検診(Cervical screening 旧: Smear test)を受けてきました。(開脚が嫌すぎてずっと先延ばしにしていました。笑)

検診は無料で、年齢によって検診への招待への頻度が以下のように異なります。

年齢頻度
 25歳〜49歳  3年ごと
 50歳〜64歳 5年ごと
 65歳以上 直近3回のうちの検査で1回でも異常があった場合のみ

検診案内は手紙で自宅に通知が届きます。私はGPに登録してわりとすぐに届きました。GP登録も先延ばしにしていたので遅かったのですが(笑)、2019年6月くらいに登録し、7月くらいに最初の検診案内が届きました。25歳以上で、イギリスで検診記録がなかったため、すぐ通知がきたようです。

 

子宮頸がん検診案内

渡英前に、日本で2018年に子宮頸がん+体がん検診を受けて異常はなかったのですが、最近不正出血のようなものがあったりちょっと不安だったので、ロックダウンもEaseされてきているのでこのタイミングで検査することにしました。

 

早速GPへ7/1(水)昼に電話し、まさかの翌日7/2(木)の夕方に予約が取れました。イギリスのくせにはやっ!笑

当日は、パートナーに送ってもらって行ったのですが、院内に入れるのは本人だけとのことだったので、外で待ってもらいました。

受付のお姉さんに外で耳で測るタイプの体温計で熱を測られ、高熱でないことがわかると中に入れてもらえました。電子パネルを操作して受付。その後待合室に向かったら、すぐに看護師さんに呼ばれました。

ちなみに受付の人も看護師さんもマスクをしていて安心。余談ですが、私の住んでいるエリアでは、普段私含めアジア人以外ほとんど誰もマスクをしていません。苦笑

診察室に入室・着席し、簡単に名前や子宮頸がんは検診は初めてか?心配なことは何かあるか?等質問をされました。

日本で2年前に受診したことと、最近生理と生理の間に少量出血があると伝えました。

「どのくらいの量?ナプキンが必要?」と看護師さん。

ナプキンはなくても平気だけど下着が汚れる程度で1ヶ月に1回くらいあると回答。ここ最近自分でも結構心配していたので、何か少しでもアドバイスをくれるのかと期待していたのですが。

「うーん多分普通そんなことは起きないけど、まあ心配だったらGPと別で予約してね。」と。笑

適当笑笑 だったらこの会話いる?笑 まあ大丈夫って言って大丈夫じゃ無い時責任取れ無いからか。この国は責任逃れする人ばっかだと心の中でつっこみつつ(笑)、とりあえず促されるままに診察台に移動。

看護師さんは誰も入れないように部屋を施錠。診察台は、日本の産婦人科のような自動開脚椅子は無く、ストレッチャーのようなただの台でした。

下着を脱いでお腹までワンピースをめくってくれと言われるので、地べたに下着を丸めて置き(当然カゴとかそういうものはさすがイギリスで用意されていません。笑)、診察台に寝そべります。

そこで使用する器具(手のひらサイズの巨大プラスチック洗濯バサミみたいなものと長細い棒)を見せられ、

「痛く無いと思うけど、ちょっとUncomfortableかも。でもすぐ終わるよ。」と看護師さん。

両足をくっつけて、脚を開くように指示。途中、見にくかったのか、両手をグーにしておしりの下に入れるように指示もありましたが、痛みは全くなく1分くらいであっけなく終了。

日本でやった時は、体癌検診の方だったのかもですが、めっちゃ痛くて、棒をかき回された記憶があったのですが(笑)、今回はも痛みも全くありませんでした。少量の出血はあるかもしれないと看護師さんから案内があったので、人によるようです。

パートナーも私があまりにも早く戻ってきたので、え?もう終わったの?とびっくり。笑 病院に入ってからトータル10分以内で終わりました。

結果は1-2週間で届くと言われ、ぴったり2週間後の7/15(水)にポストに投函されていました。

子宮頸がん検診結果通知

結果は陰性。100%この検査で異常を発見できるでは無いようですが、とりあえず安心。。。(´Д` )

ただ、手紙にも書いてあるように不正出血がある場合には早めにGPに受診するよう書いてあるので、もうちょっと様子見て必要があったら受診してみようと思います。

無料でできるし、痛みも無いので、先延ばしにしまくった私がいうのもなんですが(笑)、該当する方はぜひ受診をお勧めします。

とりあえず、日本に一回帰国して、健診と人間ドックで全身チェックしてもらいたい今日この頃です。笑

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました