【イギリス英語】句動詞”Faff about/around”の意味・例文

英語・ESOLコース
英語・ESOLコース

今日は、私が最近学んだイギリス英語”Faff about/around”の意味と例文について備忘録がてら紹介したいと思います!

※こちらの記事の内容は、イギリス人ネイティブチェック済みです!

意味

Faff about/around

動詞(句動詞)

”重要じゃない・しょうもないことをして時間を無駄に過ごす”

 

だらだらSNSやネットしかしなかった日なんかに使えます。

Faff aboutもfaff aroundも同じ意味で、明確な違いは無いそうです。

命令形以外では、過去・現在進行形(動詞+ing)で使われることが多いそうです。

 

例文

I was faffing around on Insta all day long.

(だらだら1日インスタばっかしてた。)

Stop faffing (Don’t faff) about and study!

(ダラダラしないで勉強しなさい!)

Sigh I feel depressed, I was just faffing about and didn’t do anything productive! 
(はぁ。ダラダラして何にも身になることしてなくて最悪だわ。)

around/aboutの後に目的語は必要ありません。場所を入れる場合には、1番のインスタの例のように前置詞+場所名になります。

ちなみに、最後のは最近の私の口癖。笑

 

まとめ

何にもやる気がなくて今日ネットしてたら1日終わってた。なんて時にとっても便利な句動詞です!

初めてイギリス人パートナーに使った時は、何でそんな言葉知ってるの?とびっくりされました。

ネイティブらしい言葉で、私のようにきっとネイティブを感心させられるので(笑)、何もしなくて罪悪感を感じた日には是非使ってみてください^^

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました