【イギリスで歯列矯正 その4】歯医者で抜歯3本

歯列矯正(インビザライン)
歯列矯正(インビザライン)

イギリスの矯正歯科でマウスピース矯正(インビザライン)を始め1ヶ月が経ちました。

先日、歯列矯正に必要な抜歯に行ってきたので、抜歯についてレポートをしたいと思います。

抜歯の費用(3本)

内容金額
抜歯(3本)£600

めっちゃ高いです。笑

ただ、抜歯のアポを電話で取った際に事前に£600かかることを伝えられていたので、心構えはできていました。笑

私の歯医者の抜歯の料金表には£150~£300/本との記載があり、最悪マックスの£900払うつもりでいたので、結果思ったより安く済んでよかったです。

価格は歯医者によって異なるので、もっと安いところもあるかと思います。

私の矯正歯科の看護師さんは大体どこも£100/本くらいと言っていたので、私の歯医者の価格設定はちょっと高いかもしれないのですが、私は他を探すのが面倒だったので通っている歯医者で抜歯をしました。

抜歯に関するQ&A

歯列矯正に伴う抜歯に関して、私が事前に知りたかった事項を以下にまとめたいと思います。

抜歯のタイミング

矯正歯科で書類に署名&頭金支払い時(治療計画を案内され同意した際)に、抜歯をどのタイミングでするか指示がありました。

当日のアポから(できれば)ピッタリ4週間後に3本抜歯をするように指示があったため、歯医者に連絡しピッタリ4週間後に抜歯の予約をしました。

抜歯するタイミングは、個人の治療計画によってタイミングが異なるのかなと思います。

抜歯した場所

矯正で抜歯する場合には、多くの場合小臼歯を抜歯するそうです。

なので、抜歯が必要な人は小臼歯を4本抜歯するパターンが多いそう。

私も当初はその予定でしたが、矯正歯科の先生の判断で、上は小臼歯2本、下は前歯1本を抜くことになりました。

私のように前歯を抜くケースは稀かもしれませんが、矯正歯科の先生曰く下の前歯1本がRecession(歯肉退縮)していて骨が露出しているため、この歯はどちらにしろ長く持たない為抜いた方がいいとの判断でした。

最初は、前歯をなくすことにちょっと不安がありましたが、インビザラインのシミュレーションを見て、下の歯だから大して目立たないし、今のガタガタの状況よりも綺麗になることには変わりないので、プロの判断に任せ治療計画通り3本抜くことに同意しました。

同日に3本抜歯で平気なのか?

個人の希望で、間隔を開けて1本ずつの抜歯もできるようですが、要望がない限りイギリスではまとめて抜歯するのがスタンダードなようです。

私が日本で親知らずを3本同時期に抜いた時は、二週間間隔で1本ずつ抜くように歯医者さんが手配したため、初めは同日に3本抜くことがとても不安でした。

歯科衛生士の友人曰く、日本では歯をまとめて抜くと食事が食べにくいこと等考慮され、間隔を開けて抜歯が行われるのが一般的だそうです。

ですが、イギリスの歯医者のクオリティも高いので、危険なことがあったら絶対勧めてこないので、よっぽど不安でない限りはまとめて抜歯して問題ないと思います。

私は同日に3本抜きましたが、全く問題なかったし、休みも1日取るだけで済んだので、結果まとめてやってよかったです。

抜歯当日の流れ

予約時間5分前に歯医者に到着し受付、予約時間の10分後に先生に診察室へ呼ばれました。

いつもの先生が不在とのことで、抜歯のエキスパートだという別の女性の先生に担当してもらいました。

先生
先生

矯正してるんだよね?

矯正歯科からのレターは3本抜くって書いてあってるけど合ってる?

間違った歯を抜かれたらどうしようと心配していましたが(笑)、矯正歯科からのレターに全て詳細は書いてあるとのことで安心。

先生
先生

(指でタッチしながら)この3箇所を抜くからね!

その後、タブレットを渡されサインするように指示がありました。(先生が抜歯に承知するよってことかなんかのサインだったと思います。うろ覚え。笑)

麻酔は、各歯両サイドに一箇所ずつ打たれ、合計六箇所打たれました。

内側に打たれたものが少しチクッとしましたが、そんなに痛くなかったです。

口を濯いで、5分くらい雑談をしながら待機。

先生
先生

麻酔が効いてるかこの器具(ピンセットみたいなもの)で確認するから、痛くないか教えてね。

痛みも感覚も全くなく、麻酔がしっかり効いてる様子。

先生
先生

OK。

じゃあ抜歯を始めるけど、痛くはないけど、ものすごくプッシュされているように感じると思う。

万が一、もし痛かったら、手を上げて教えてね。

と早速、専用の器具で片側から歯に圧をかけ、少し歯が斜めってきたかなと思ったところで、次は反対側から圧をかけられました。

その後、ペンチみたいなもので歯をつまんで引っこ抜いてあっという間に一本終了。

大袈裟ではなく、本当に10秒くらいで終わりました。笑

他の2本の歯も同様に行い、こちらもあっという間に終了。

抜歯3本に合計1分もかかっていないんじゃないかと思います(°_°)

麻酔が効いているので当たり前ですが、痛みも全くありません。

先生
先生

出血箇所にこのガーゼを咥えて数分待機してね。

数分後先生がチェックして、出血具合を確認し、もう大丈夫なので帰っていいとのこと。

先生
先生

詳細は、全部この用紙に書いてあるけど、今日はゆっくり休んでね。

今から24時間は、口は濯がず唾とかも全部飲み込んで、唾を吐き出すのも禁止。

ご飯は今日と明日は柔らかいものを食べて、歯磨きも夜まではしないでね。

余分にガーゼも3つ一応渡しておくから、出血がひどい場合は使ってね。

もらった抜歯後の注意事項の案内の用紙とガーゼ
私

わかりました。

矯正歯科に抜歯後にインビザラインをすぐ装着しても良いって言われたんですが、着けても平気ですか?

先生
先生

うん、装着しても大丈夫。ただ、装着したら外しちゃダメ。

歯磨きもしなきゃいけないしそれは難しいだろうから、

今日は1日装着しないで、明日からまた再開するのがベストかな。

ということで、抜歯当日はインビザラインを着けずに翌日から再開することにしました。

支払いを済ませ帰宅しましたが、診察室入室してから歯医者を出るまで合計30分もかかりませんでした。

本当にあっという間でびっくり。

抜歯後の経過

抜歯後の出血

血がドクドク出るようなことはなかったのですが、3本抜いてるためか、各箇所からスローペースでちょろちょろ出血があったせいか、口の中が常に血の味がして不快感が極まりなかったです。笑

口を濯いじゃいけなかったので、血が流れ出てきても基本的に飲み込まなきゃいけなかったので、気持ち悪くて仕方ありませんでしたが(笑)、抜歯してから6時間ぐらい経過してからは徐々に治まってきました。

もらったガーゼは、一箇所他の場所より出血がひどい箇所があったので1つだけ使用しました。

出血は抜歯8時間後くらいには完全に止まりました。

抜歯後の痛み

結論からいうと、びっくりなことに抜歯後の痛みは全くありませんでした!

インビザラインを装着してから外す際の痛みも一切ありませんでした。

強いていうなら、抜歯当日と翌日に少し違和感があったくらいです。

先生より、痛み止めは抜歯の1時間後くらいに飲んでいいよとのことだったので、痛みはなかったのですが、念のための予防でパラセタモールを飲み、抜歯当日は3回飲みました。

ただ、麻酔が強力だったのか、当日は抜歯後7時間後くらいまでわりとしっかり麻酔が効いていたので、切れるまでは飲まなくても平気だったかなと思います。

私が日本で親知らずの抜歯(歯茎切開)した時は、2~3時間後に麻酔が切れていたので、かなり強力な麻酔だったのかなと思います!

痛くて夜起きるんじゃないかと不安でしたが、めちゃくちゃ熟睡して(笑)、翌朝も痛み皆無でした。

一応念のため、翌日もパラセタモールを午前と午後に合計2回飲みましたが、抜歯当日同様飲まなくてもいけたんじゃないかと思います。笑

3日目からは痛み止めを一切服用しませんでしたが、全く問題ありませんでした。

抜歯に怯えて痛いんじゃないかとビクビクしていたのですが、こんなに痛み皆無ならもっと早く矯正治療を開始すればよかったと後悔しました。笑

抜歯後の翌日の消毒はなし

私が日本で親知らずを抜歯した際は、抜歯翌日も歯医者に行って消毒をしてもらいました。

イギリスでは抜歯翌日の消毒はありません。

消毒の代わりに、翌日から温かい塩水で食後毎回口をゆすぐように指導があります。

消毒がないことに最初びっくりしましたが、塩水でのうがいを1週間くらい継続し、全く問題ありませんでした。

日本のサービスは本当に手厚いなと思った瞬間でした。

歯抜けな見た目

抜歯前は歯が無いと目立つんじゃないかと心配していましたが、今のところ自分から言わない限り誰にも気づかれません。(周りが気を遣ってくれているだけかもしれませんが。笑)

小臼歯は大きく口を開かないと見えないし、インビザラインには抜歯の部分の歯形もあるので、よっぽど近くで凝視しない限り歯がないことに気づきません。

食事の際に、インビザラインを外して口を大きく開いたりした時には、歯がないのが目立つかもしれませんが、インビザラインを着けている限りはそこまで違和感はないかと思います。

まとめ

以上がイギリスの歯医者での抜歯についてのレポートでした。

また数ヶ月後に矯正歯科へ通院予定なので、進捗があればその際にまたレポートしたいと思います^^

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました