【イギリスで歯列矯正】無料カウンセリングに行ってみた

病院・歯医者関係
病院・歯医者関係

30超えて今更ですが、ここ数年で急に歯列矯正をしたくなったので、イギリスの矯正歯科に無料カウンセリングに行ってきました。

2件無料カウンセリングに行ってきたので、レポートしたいと思います。

矯正歯科の探し方

“Orthodontists”+地域名でググると近所の矯正歯科を探せます。

Invisalign treatment | Invisalign clear aligners
Invisalign treatment is the clear alternative to metal braces for kids, teens, and adults. Find an Invisalign trained Orthodontist near you today!

マウスピース矯正(インビザライン)の場合は、上記リンクの右上”Find an Invisalign Doctor”のフィールドからポストコード/地域名を入力して検索できます。

Diamond ProviderからBlonze Providerまで実績数に基づいてランク付けされてあるので、高い方(Diamond)がお勧めです。

私は、近所のDiamondとPlatinumの矯正歯科・歯医者でカウンセリング(consultation)を予約しました。

初回カウンセリング

無料でカウンセリング(consultation)をしてくれるところもあれば、有料のところもあります。

私の近所では、インビザラインのカウンセリングだけで初回£300も取る歯医者も見かけました。

私がカウンセリングに行ったA矯正歯科は完全無料、B歯科ではデポジットとして£50払いました。(B歯科で治療をしないと決めた場合には、後日返金してくれるとのこと)

B歯科のようにお金が返ってくるパターンはいいのですが、有料でお金が返ってこないところは控えた方がいいかなと個人的には思います。

無料のカウンセリングを提供できるのは、それだけ腕に自信があるってことだろう、と私は判断しています。笑

カウンセリング内容

A矯正歯科では、自分の正面・横顔、口内に器具を入れて口を開き、あらゆる角度から写真を撮られました。その写真を見ながら、看護師さんが矯正器具の種類・治療期間・費用等を説明してくれました。

B歯科でも、正面と横顔写真を撮られ、こちらでは更にスキャナーで歯の3D写真を撮られました。それを元にして、A矯正歯科と同様に色々と説明してくれました。

どちらも対応は丁寧で、質問にも嫌な顔せず答えてくれました。

どちらのカウンセリングも30分程度で終わりました。

歯列矯正の種類・値段

日本と同じかと思われますが、矯正の種類には2種類あります。

私は矯正歯科と矯正歯科医がいる歯医者の2件に行って見積もりをもらったので、そちらを参考に記載したいと思います。

種類A矯正歯科B歯医者
ワイヤー矯正£3,900
(セラミックブラケット)
£4,500
(上はセラミックブラケット)
マウスピース矯正
(インビザライン)
£4,500£4,800

どちらも矯正治療終了後に装着するRetainer(保定装置)込みの値段です。

抜歯が必要な場合には、上記の料金に含まれていないので、別に費用が発生します。

A矯正歯科では1活払いの場合は5%割引サービスがありました。

分割払いの場合は、A・B両方とも頭金を£1000払えば、手数料無料で分割払い(10-18ヶ月)が可能だとのこと。

ちなみに、A矯正歯科では、対面でのカウンセリングの前に電話でも話をしたのですが、その際にはワイヤー矯正は£2,900〜£3,900、インビザラインは£2,000〜£4,500と案内がありました。歯並びが綺麗だと、私よりももっと安く済むのかなと思います。

B矯正歯科では、期間・状態にかかわらず一律£4,800のようなので、場所により金額設定は異なるようです。

治療期間

私の場合は、抜歯をして歯を動かす必要があるので長くかかるそうで、1年半〜2年かかると言われました。

歯の状態によって異なるようなので、無料カウンセリングに行って確認するのがベストかと思います。

抜歯の必要性

私の歯はCrowded teeth(叢生・乱杭歯)だそうなのですが、乱杭歯の場合は多くの場合抜歯が必要になるケースが多いそうです。はみ出てる歯を元に戻すためのスペースがないため、スペースを作るために抜歯が数本必要になるとのこと。

また、これはA矯正歯科・B歯医者両方に言われましたが、抜歯は通常の自分が通っている歯医者で行う流れになるそうです。

抜歯によるダウンサイド

私の場合は、まず、A矯正歯科のカウンセリングに行ったのですが、そこで、はみ出た歯を戻すスペースがないので、3〜4本の抜歯が必要になるだろうと言われました。

健康的な歯を抜いてしまってダウンサイドはないのか、カウンセリングをしてくれた矯正歯科の看護師さんに聞いてみました。

看護師
看護師

何にもない。人間にはただでさえ歯がありすぎるし、普段全部の歯を使っていないの。噛み合わせが良くなったり、歯並びが綺麗になることで歯も磨きやすくなって楽になるし、問題ないよ!

なるほどーと思いつつも、できれば歯を抜きたくなかったので、セカンドオピニオンとして、別のB歯医者のカウンセリングに行ったのですが、結果そちらでも抜歯が4本必要になるだろうとの診断。

私のように乱杭歯の場合は、抜歯は避けて通れないようです。

それぞれの矯正装置のメリット・デメリット

矯正歯科・歯医者で聞いた各矯正装置のメリット・デメリットを以下にまとめてみました。

種類メリットデメリット
ワイヤー矯正・安い
・自己管理が必要ない
・器具が口内に当たって出血して結構痛い
・器具があって、歯を磨くのが大変
マウスピース矯正
(インビザライン)
・透明なので目立たない
・ワイヤー矯正よりも通院回数が少なくて済む
・食事制限がない
・ワイヤー矯正よりも高い
・一日22時間以上装着していなければいけないので、自己管理が必要

安いし自己管理がいらないワイヤーでもいいかなと思っていたのですが、どうやらワイヤーは口内で出血して痛いという患者が多いとのこと。

ということで、痛いのは嫌なので(笑)、私はインビザラインで治療することにしました。

まとめ

以上がイギリスでの歯列矯正の初回カウンセリングでした。

何件かカウンセリングに行って、見比べて決めるのがベストかなと思います。

結果、私は、値段も若干安くて実績のあるA矯正歯科(Diamondランク)でインビザラインをすることにしました。

まだ治療は始まっていないのですが、治療が開始次第随時記録していきたいと思います!

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました