イギリス ワクチンパスポートの取得方法【NHS COVID Pass】

病院・歯医者関係
病院・歯医者関係

先日ファイザーのワクチン2回目の接種を終えたので、噂のワクチンパスポート(NHS COVID Pass)を早速取得して見ました。

ということで、今日は取得方法を紹介したいと思います。

ワクチンパスポート(NHS COVID Pass)とは

The NHS COVID Pass lets you share your coronavirus (COVID-19) vaccination records or test COVID-19 status in a secure way.

It allows you to show others the details of your COVID-19 vaccine (or vaccines) when travelling abroad to some countries or territories.

From Monday 19 July, you may be asked to demonstrate your COVID-19 status at places that use the service in England as a condition of entry to a venue or event.

GOV.UK

ワクチンパスポート(NHS COVID Pass)とは、ワクチン接種の証明書です。

海外旅行の際に使用できたり、今後パスポートの提示が必須になる会場やイベントで使用することができます。

先日、イギリスのナイトクラブはこのパスポート制度を9月あたりから導入するとニュースで報道されていました。(それまでにはナイトクラブの利用者である18歳以上全員にワクチンが行き渡る予定の為)

↓参考ニュース記事

Covid: Two jabs needed to enter nightclubs from September
People will need to be fully vaccinated to enter venues where large crowds gather, the government says.

私は特に使用予定も無いのですが、念のためいつでもパスポートの提示ができるように準備をしておきました。

パスポートの種類・対象者・発行可能日

パスポートは以下の2種類あります。

パスポートの種類対象者発行可能日
Domestic events
(国内イベント用)
2回目のワクチン接種を終了した者
※ヤンセンは1回目を終了した者
2回目接種後2週間後
※ヤンセンは1回目接種後2週間後
Travel abroad
(海外旅行用)
1回目か2回目のワクチン接種を終了した者ワクチン接種後24時間以内

※検査をした場合にも取得可能なケースもあるようですが、こちらでは省略します。検査等他の条件を確認されたい方は、こちらのNHSのページをご確認ください。

ワクチンパスポートの取得方法

NHSのアプリNHSのサイトから取得ができます。

何かあった際にすぐ提示できて便利なので、スマホアプリで取得がベターかと思います。

ワクチンパスポートのアプリはNHSのアプリです。レストランにチェックインの際に使用している”NHS COVID-19″とは別のアプリになります。

アプリからの取得方法

新規登録・ログイン

アプリを起動した後、”Continue with NHS login”をタップします。

メールアドレス入力画面になるのでNHS loginに登録済みのメールアドレス、もしくは登録に使用したいメールアドレスを入力します。

新規登録の場合は、氏名・生年月日・郵便番号・携帯電話番号・メールアドレスが必要になるようです。NHS numberがわからなくても氏名から登録できます。

既にNHS loginに登録済みだと上記の画面になります。パスワードを入力して”Continue”を選択。

パスワードを忘れた場合は、”Forgotten your password”を選択。(今回私もパスワードを再発行したので、以下に念のためやり方も記載しておきます。)

“登録済みのメールアドレスに再設定用のリンクを送りました”と表示されるので、メールの受信フォルダをチェック。

緑色ボタンの”Reset your password”を選択。

※緑色ボタンを押しても何も起こらない場合は、一番下のhttps://access.login〜を選択して再設定できます。

8文字以上•大文字1文字以上を含むパスワードを作成します。

上と下のフィールドに同じものを入れて、”Reset password”を選択。

パスワード再設定完了の表示が出るので、再度NHSのアプリを開きます。

上記の表示が出た場合には、携帯宛にテキストが届いているので、テキストに記載の6桁の番号を入力し、”Continue”を選択します。

“Agree and continue”を選択。

アプリからの通知が不要の場合には、”Allow notifications”の右横のつまみをタップして上記のように白色にします。

“Continue”を選択。

Touch ID設定

こちらがホーム画面です。

今後、ログイン時に指紋認証や顔認証を使用したい方は、Login optionsにある”Open settings”を選択します。

“Log in with Touch ID”右横のつまみをタップして緑色にします。

これで、今後NHSアプリを起動する際に、メールアドレスとパスワードの入力が不要になります。

パスポート取得

左上の家マークの”Home”を押して、ホーム画面に戻ります。

“Popular services”の下の”Get your NHS COVID pass”を選択。

“リストにある個人情報を使用するので同意してください”と表示されるので”I agree”を押して次に進みます。

“Continue”をタップ。

以下の2種類が表示されます。

  • Domestic events(国内イベント用)
  • Travel(海外旅行用)
Domestic events(国内イベント用)

取得可能日: ワクチン接種(2回目)2週間後以降

“Domestic events”をタップすると、以下のようにパスポートが表示されます。

左上には、氏名と誕生日が表示されています。

こちらのQRコードは期限が設けられており、取得から1ヶ月間有効なようです。

下にスクロールすると控えをPDFで保存できたり、”Receive an offline copy by email”からメールで送ることもできます。

 

ちなみに、2回目のワクチン接種の数日後に取得をしようと試してみたら、以下の画面が表示され取得できませんでした。

私の場合は、接種からぴったり2週間後にパスポートの取得画面が表示されるようになりました。

Travel(海外旅行用)

取得可能日: ワクチン接種(1・2回目)後24時間以内

Travel”をタップすると、以下の画面が表示されます。

“Domestic”と同じように、左上に氏名と生年月日の記載があります。

スマホアプリでの表示

“Show details”を押すと、詳細が表示されます。

1回目ワクチン

下にスクロールすると接種日・場所等詳細情報が確認できます。

QRコード右矢印を選択、もしくは左にスワイプすると2回目のデータを確認できます。

Domesticと同じようにQRコードは取得から1ヶ月間有効なようです。

1回目ワクチン

一番上の”Dose 1 of 2″より、こちらが1回目のデータであることが確認できます。

1回目ワクチン

左にスワイプすると2回目のデータが確認できます。

2回目ワクチン
2回目ワクチン

一番上の”Dose 2 of 2″より、こちらが2回目のデータであることが確認できます。

2回目ワクチン
PDF・メールで取得

こちらの画面を下までスクロールすると、”Domestic”と同様に以下の画面が表示されます。

“Download PDF copy”からはPDFを出力できるので、iPhoneだとメモやファイルに保存できます。

“Receive an offline copy by email”では、指定したメールアドレス宛にファイルを送付できます。

メールの場合は、上記のようなメールが送られてくるので、リンクを選択。

“Continue”をタップ。

“Download this file to your device”を選択。

するとこんな感じで1回目と2回目がまとめて表示されるます。

こちらから、ファイルやメモアプリに保存もできます。

まとめ

以上がイギリスでのワクチンパスポート【NHS COVID Pass】の取得方法でした。

予定がなくても早めに設定をしておいても損はないと思います。

早く日本にもこの制度が適用されて、隔離なしで帰国できるようになってほしいと願うばかりです。

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました