イギリスで初めて美容院に行ってきました【Supercuts】

買い物・お出かけ
買い物・お出かけ

イギリス生活3年目にして、先日初めて現地の美容院に行ってきました。

クオリティと言語が心配でずっと敬遠していたので、私と同じように心配されている方の参考になればと思います。

大手チェーンのSupercutsというところに行ってみました。

Supercuts

公式ホームページ: https://www.supercuts.co.uk/

アメリカ発の大手ヘアサロンチェーンで、イギリス国内にも約2000店舗あるそうです。

今まで気にしていなかったのですが、町中を見渡してみると結構あちこちにあります。

お手頃価格なので人気なようです。

店舗検索

店舗はこちらからエリア名を入力して検索できます。

値段

メニューは他にもありますが、ざっくりとこんな感じです。

メニュー値段
カット£16.95
シャンプー&カット£19.45〜
Supercuts
(シャンプー&コンディショナー&カット&ブロー)
£23.95〜
Colour packages
(カット&ブロー&トリートメント)
£58〜
Safety levy£3.60

詳細は、こちらのプライスリストで確認できます。

髪の長さによって料金は異なり、ロングだと少し高くなります。

Safety levyはコロナの安全対策のチャージで、全メニューに上乗せして取られます。

このSafety levyの関係で、来店時に必ずお客さんにマスクを配布するとの記載がメールにありましたが(例えお客さんがすでにマスクを着用している場合でも)、一切オファーはありませんでした。笑

ただ、そういえば、入り口に消毒液と一緒にマスクの箱が置かれていたので、多分そこから取ってねというスタイルだったのだと思います。笑

私が実際に支払った料金

私はSupercutsプランにして以下の料金を請求されました。

Supercutsプラン料金
予約時見積もり価格£34.55
予約時支払額(deposit)£5
当日支払額£32.05
合計支払額£37.05

ロングなので基本料金にロング料金が上乗せされて少し高めです。

でも日本円にして約5,500円。イギリスにしたら安い方なんじゃないかなと思います。

Supercutsに決める前に、いろいろ他の美容院も見ていましたが、どこも安くても£50〜でした。地域にもよるのかもしれません。

帰宅して気づきましたが、結果なんでだか見積もり価格より£2.50高かったです。笑

£2.50ごときでクレーム言うのも嫌なのでそのままにしておこうと思います。笑

予約方法

https://www.supercuts.co.uk/online-booking/

上記から予約ができます。

メニューによっては、予約なしで当日直接美容院に行ってもOKだそうです。

初めてなもので混雑状況もわかっていなかったので、私は予約していきました。

予約の際は、前述したようにDepositで£5取られます。

私はTopCashback経由で予約して、せこいですが(笑)£1.70のキャッシュバックをゲットしました!

参考記事↓【TopCashback】登録方法・使い方

参考記事↓2020年度キャッシュバック実績は合計£200でした!

当日

席に案内されるまで

当日席に案内されるまでの流れを以下に箇条書きでリストにしたいと思います。

本当にさすがイギリスという感じでした。笑

  • 予約時間が開店時間だったため、開店時間前からサロン前で待つものの、開店時間になっても真っ暗のまま開店せず。
  • 電話を数回かけてみるものの繋がらず。
  • 10分経過しそろそろ諦めて帰ろうかとしたところ、スタッフがまさかの子連れで登場
  • 中に案内され椅子に座って待つよう指示。スタッフが準備とお客さんからの電話対応をした後(入店から約5分後)ようやく席に案内

待つことは想定内でしたが、まさかサロンが開店していないパターンは想像していなかったのでびっくり。笑

あと別に可愛いのでいいですが、子供を連れてきたのもびっくりでした。笑

余談ですが、最初スタッフが来た時、子供を連れてきたことに気づいていませんでした。「Are you alright darling?」と言われて、この人はstrangerにもdarlingと言うタイプなんだなと思い「Yeah」と言ったら、足元に小さい女の子がいて、どうやらその子に言っていたようでとても恥ずかしかったです。笑

着席後〜

サロン内の様子

日本だと、まず受付で上着と鞄を預かってもらうと思います。

上の写真の左側がレジがある受付なのですが、見てわかる通りオープンスペースで荷物を預けられそうな安全な場所がありません。

準備ができたスタッフが言った一言。

美容師
美容師

準備ができたから、一番右奥の席に座ってね。

何も鞄と上着について言われなかったので、これはやっぱり預かってもらえないパターンだと予測。

両方持ったまま席に向かい、上着は椅子の背もたれにかけ、鞄は斜めがけだったのでそのままずっと掛けていました。笑

席に着くと、小さめのケープ(というよりビニール袋を開いた感じのもの)を首の前で結ばれ、背面だけカバーされてる感じに。

前は全開で、日本のクロスのようなものは提供されませんでした。

美容師
美容師

今日はどんな感じにしたい?

私

こんな感じがいいです。(写真を見せる)でも、自分で髪を切ってめちゃくちゃなので、基本的に毛先を整えてもらえればOKです。

美容師
美容師

OK。じゃあ1インチくらい切って、こんな感じね。シャンプーもだっけ?

私

シャンプーもです。お願いします。(私の予約チェックしてないのかwそういえば来店時に名前さえ確認されなかったなw)

シャンプー

次に髪を洗うために、シャンプー台へ移動。

椅子は日本みたいに倒れるタイプではありませんでした。

もともと車の座席をちょっとだけ倒したような角度になっていて、そこに座ってシャンプー。

日本のように顔に掛けてもらうタオル?もありませんでしたが、マスクをずっとしているのでここは全然気にならず。笑

美容師
美容師

お湯の温度は大丈夫ですか?

日本で聞かれるのと同じような質問。

シャンプーも普通に気持ちよかったです。

でもまあ、椅子が倒れないので耳が結構濡れました。笑

シャンプーが終わった後も、髪はわしゃわしゃタオルで拭いてくれましたが、耳は放置。笑

でも、耳の穴にまで水は入らなかったのでよかったです。

カット&コンディショナー&ブロー

席に戻ると、私が先ほど背もたれに掛けた上着を持つ美容師さん。

美容師
美容師

濡れるかもしれないから、こっち(隣の空いている椅子)に掛けておくね。

濡れるかもと気にかけてくれた気遣いに感動。笑

着席して、まず、濡れた髪のままカット。

ここも別に日本と違いを感じませんでした。

ある程度切り終わったら、スプレータイプのコンディショナーを噴射されました。

ブローの際に、熱から髪を保護してくれるコンディショナーらしいです。

美容院によるかもですが、私が日本で行っていた美容院ではコンディショナーはシャンプー台ですませ、プラスでトリートメントやらオイルをドライの際につけられてた気がするので、ここも異なる点かと思います。

コンディショナー噴射後、髪を乾かしてセットしてもらい、再度カットで毛先を整えて終了。

美容師
美容師

はい。じゃあこんな感じで大丈夫かな?

私

いい感じです!ありがとうございます。

仕上がりも全然よくて、何より自分で切ったガタガタだった毛先が整ったので大満足!笑

クオリティもそんなに悪くないと思います。(上から目線。笑)

値段と技術面では、Supercutsは、ホットペッパービューティーに載っている日本の美容院と大体同じくらいの感覚かなと思いました。(値段は、厳密にはホットペッパーは安い美容院も載ってるし、Supercutsの方がちょい高めだと思います。)サービスは日本とは全然比べ物にはならないのですが。笑

カットが始まってからずっと私の体の前面は全部自分の髪でカバーされていたのですが、当然日本のように顔用のブラシの提供もないんだろうなと思っていたところに美容師さんが以下の発言。

美容師
美容師

はい、じゃあ服についちゃった髪ドライヤーで全部吹き飛ばすねー!

と返事をする隙なく、一瞬でドライヤーの風により髪が吹き飛ばされました。笑

斬新ですが、まあ手っ取り早いしこれはこれでありなのかな。笑

カット中の会話

私は日本の美容院でももともと話しかけられたくないタイプなので、イギリスの美容院でまして英語でマシンガントークされたらどうしようととても不安でした。笑

やっぱりサービス業のスタッフなので、めちゃくちゃおしゃべりでしたが、フレンドリーで優しかったです。

ドライヤーを使い始めてから、声も聞こえないだろうしと携帯を使い出したのですが、その後からはあまり話しかけられませんでした。

なので、私みたいにちょっと美容師との会話が苦手な方は携帯をいじってれば大丈夫だと思います。笑

とはいえ、英語でちょっとこういう雑談ができるようになると、自分の成長も実感できるので、なんだかんだおしゃべりできて楽しかったです。笑

後、面白いなーと思ったのが、どこに住んでいるかは聞かれましたが、出身は聞かれませんでした。

多分こんな訛りがあっても、イギリス人な可能性があるからかもだし、場合によってはセンシティブな内容なんだと思います。

余談:私のパートナーが日本の床屋に行った時は、いつも「アメリカ人ですか?」と聞かれていたそうです。笑 断定しないでせめて出身国を聞いて欲しいですよね。笑

ちなみに、お客さんは私一人で貸切状態だったのですが、それもよかったです。

美容師は私が苦手な(笑)ブラミーアクセントがあったので、混んでてうるさかったら多分美容師の英語を聞き取れなかったと思います。

ということで、開店まで待たされる可能性もありますが(笑)朝一は空いているのでおすすめです。

会計

席を立ってレジに向かい、会計はちゃちゃっとカードで支払い終了。

£32.05支払い、前払いしていたDeposit£5と合わせて合計£37.05のサービスでした。

席に案内されてから店を出るまでの所要時間は約45分でした。(プラスで最初合計15分待っています。笑)

まとめ

以上が、イギリスの現地美容院”Supercuts”に行った体験のレポートでした!

少し対応が雑なだけで、カットのクオリティは日本のそこらへんの美容院とそこまで変わらないんじゃないかなと思います。

シャンプー&コンディショナー&カット&ブローで合計£37.05(日本円約5,500円)だったので、日本の安い美容院と比較したら高いですが、日本に気軽に帰れない状況の今なら全然イギリスの美容院もありだと思います。

コスパを考えたら日本の方が断然いいですが、折角イギリスにいるなら今のうちに色々と現地でしかできないことを体験・経験をしてみるのも楽しいなって思いました。

私のようにイギリスの美容院に行くのを躊躇っている方は、ぜひ参考にしてみてください^^

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました