ロンドンのクラリッジズ(Claridge’s)でアフタヌーンティー

アフタヌーンティー
アフタヌーンティー

ちょっと前のことですがロンドンの高級ホテルのクラリッジズ(Claridge’s)にアフタヌーンティーに行ってきました。

ということで、忘れないうちにレビューをしたいと思います!

クラリッジズ アフタヌーンティー概要

公式サイト予約ページhttps://www.claridges.co.uk/restaurants-bars/afternoon-tea/

メニュー・値段

・Traditional Afternoon Tea £70/人

・with a glass of Laurent-Perrier La Cuvée Brut £80

・with a glass of Laurent-Perrier Rosé £90

※サービス料別12.5%

営業日時:月〜日 14:45〜17:30

ドレスコード: なし (詳細はこちらから確認できます。)

住所

Claridge’s
Brook Street
Mayfair
London W1K 4HR

電話番号:+44 (0)20 7107 8886

まず、ドレスコードが無いことにびっくり!

今まで行った高級ホテルのアフタヌーンティーは、どこもドレスコードがあったので初めてのことでした。

パートナー曰く、どうやら最近ドレスコード制度を廃止しているところが多いそうです。

ただ、とっても高級な空間なので、ラフすぎる格好だとかなり浮くと思います。笑

実際に支払った値段

  • Traditional Afternoon Tea 2人分 £140(£70/人)
  • サービス料(12.5%) £17.5

合計£157.50 (£78.75/人)

ザ・レインズボロウと違って水が無料だったので最高でした。笑

私が行った期間はウィンブルドン仕様のスペシャルアフタヌーンティーが提供されていまいた。特別なメニューだったため、アフタヌーンティーの値段も£90/人。確認メールに記載されていたそうですが、ちゃんとチェックしていなかったあほな私。笑

完全に自業自得ですが、元々£70でも高いのにさすがに+£20はできれば避けたいなと思い、ダメ元でとりあえずマネージャーらしきスタッフに話しかけて経緯を説明してみました。そしたら、まさかの良かったら通常の£70のメニューで提供しますよとの返事!ちょっと申し訳なかったですが、素晴らしい彼の接客・対応に感謝です。

Claridge’s

外見はこんな感じでした。素敵^^

左側の入り口から入りました。

ゴージャス。入ってすぐ目の前がアフタヌーンティーの会場”The Foyer & Reading Room”です。

受付後席に案内してもらいました。

奥のドアのアートも素敵♡

アフタヌーンティー

紅茶・サンドイッチが最初にサーブされ、サンドイッチを食べ終えた後にスコーンとケーキ類がサーブされる流れでした。

サンドイッチ・スコーン・ケーキ類どれも追加料金なしでお代わり(Second)OKです。

メニュー

メニューは机にあるQRコード(写真右上)を読み取り、ネットで閲覧する形でした。

こちらから同じメニューを確認できます。

紅茶

こちらのメニューの10ページ目以降より確認できます。

私は以下の3種類を頼みました。(飲み過ぎでお腹タプタプになりました。笑)

  • CLARIDGE’S BLEND
  • RARE EARL GREY
  • CORNISH EARL GREY

どれも美味しかったです。アールグレイが特に美味しかったかな。

CORNISH EARL GREYは薄めなので、ミルク無しのストレートで飲むのがおすすめだそうです。

そんなことも知らなかった私はミルクを入れて飲んでいたら、スタッフに軽くディスられました。笑

私はミルク入ってても別に美味しかったのですが(笑)、確かに後で飲んだRARE EARL GREYの方が濃いめのミルクティーになって美味しかったです。

こちらでは、ティーポットにお湯を注いだ後すぐに私たちのティーカップへお茶を入れていました。待たないでいいのか疑問に思ったパートナーが聞いてみたところ、茶葉の場合はすぐに味が出るそうで、即座に注いで問題無いそうです。マックスでも20秒くらい待てばいいとのこと。ティーバッグの場合はまた別の話で、記載されている時間分蒸らしたがいいそう。

あまりにもすぐ注がれたので味も薄いんじゃないかと心配でしたが、全くそんなことなく美味しくいただけました。ティーポットに残っていた2杯目が逆に濃くて気持ち悪くなりました。笑

今まで茶葉も数分待たなければいけないと思っていたので、勉強になりました。

こちらの手前のものがRARE EARL GREYです。蒸らしてないのにこんなに濃く抽出されました。

サンドイッチ

右奥より

  • ハム
  • エッグマヨネーズ
  • チキン
  • キューカンバー
  • スモークサーモン
  • トマトのタルト?みたいなもの

お腹が空いていたので詰め込むように食べましたが、どれも美味しかったです。

個人的にはハムとサーモンがヒットでした。

スコーン

私はプレーン、パートナーはレーズンを頼みました。

サクフワで美味しかったです。

ジャムは結構どろっとしていました。まあ塗りやすかったからよかったかな?笑

お代わりもオファーされたので計4つ食べました。お腹パンパン。笑

ケーキ類

※ケーキ単体の写真がないので左側のスコーンは無視してください。

手前側の左上より時計回り

  • チョコレートケーキ
  • ブルーベリーのルリジューズ
  • アプリコット&白桃のフランジパーヌタルト
  • レモンのケーキ

小ぶりでどれも全部美味しかったですが、アプリコット&白桃のフランジパーヌタルトがめちゃくちゃ美味しかったです。

フルーツのソースも美味しかったけど、何よりタルト生地が超うまい。あと3個くらい食べたい勢いでした。笑

ちなみに、私が行った時はウィンブルドンのスペシャルアフタヌーンティーを提供していた為、少しテニス仕様になっていました。

よく見ると、レモンのケーキがテニスボールモチーフだったり、お皿の上にテニスコート柄の用紙が敷かれています。

お土産

会計時にお土産をくれました。

クロテッドクリームのファッジです。

ファッジは甘すぎてたまに食べきれないことがあるのですが、こちらはほどよい甘さで食べやすかったです。

私の勝手な評価

値段:1.0

味:4.0

サービス:5.0

雰囲気:5.0

総合:4.0

また行きたい度:3.5

なんといってもサービスが素晴らしかったです。

私のアールグレイの飲み方をディスってきたお姉さんも最終的にはフレンドリーだったし、紅茶について色々教えてくれました。他のスタッフも紅茶やお代わりをオファーしてくれ礼儀正しかったです。

一番は、私の確認不足だったにも関わらず、通常のアフタヌーンティーメニューをオファーしてくれたマネージャーが本当文句無しに最高でした。

無理なお願いをしたにも関わらず、帰る際にはわざわざ席まで顔を出してくれ、笑顔で見送りしてくれました。

後、トイレに行った時に清掃員のスタッフが私のために蛇口を捻ってくれ、セレブ感を体験できました。笑

味も全体的に美味しいし、値段以外は文句ありません。笑

でも雰囲気とサービスも良いので、£80弱払う価値はありなんじゃないかなと思います。

値段が値段なので、気軽にリピできる場所ではないのですが、また特別なお祝い時にでも再訪したいなと思います。

ランキング参加中。
記事が参考になった場合はクリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーリンク
Lazybones in the UK

コメント

タイトルとURLをコピーしました